エニアグラム&MBTI-タイプ1の16パターン

エニアグラムとMBTIの関連をまとめ。ちょっとした思考実験です。

16の性格タイプとの関連性

ESTJ:外向、五感、思考、決断

責任感が強く、マジメで、良きリーダーになろうと努めます。Eの影響により、エネルギーは外に行き、高い外向性を発揮しますね。周囲のことをしっかりと考えて、何事も冷静沈着に対処するでしょう。やや自己抑制的なところが強く、自分は正しいことをしていると思い込むところが強く、人から受け入れてもらえないと崩れます。ウィングが2でセクシャルだと大変かも・・・。

八神月はこのタイプかも。

ISTJ:内向、五感、思考、計画

タイプ1のISTJは、タイプ1のESTJと比べると、外向性は弱く、やや引っ込み思案なところがあります。あまり自分の正しさをむき出しにはしませんが、自分は間違っていないといつも言い聞かせています。最も内向的で思慮深いタイプ1です。

ESFJ:外向、五感、情緒、決断

倫理や正義に加えて愛情深く、人の力になりたいと思っています。また、それを正義だと信じています。

タイプ1ウィング2に、ESFJは多いのではないでしょうか?

まさに、自分の中にジャスティスとビーナスが共存している存在でしょう。

タイプ1は、自分の中に「批判者」がいるとエニアグラム本では解説されていますが、おそらく2人のうちどちらかです。

ドラミちゃんは、このタイプ1ESFJですかね。

ISFJ:外向、五感、情緒、決断

忠誠心が強く、ひたむきで努力家。自分に対して相当厳しいです。組織やチームのためによく働きますね。一方で、感情(好き・嫌い)に流されやすく、涙もろい。

原則、このタイプはフェアな精神を好むのですが、ISFJは自分を慕ってくれる人をどこかでひいきする傾向があります。もちろん、悪いことではありません。そこはF機能の影響です。

ドラゴンボールのピッコロさんは、このタイプかもしれませんね。ご飯に関わると、論理よりも感情むき出しになるから・・・。

ESTP:外向、五感、情緒、柔軟

タイプ1ESTPは、自分に正直で非常に活動的な人が多いですね。

基本がタイプ1なため間違うことを極端に恐れていますが、間違いに恐れて何もしないことをもっと恐れています。

ここはタイプ1の間違ってはいけない!が極端に出るところですね。

そのため、他のタイプ1と比べると、自分の考えに確信を持てずにちょっと迷っているところがあります。そういう意味では、タイプ6に見えるときがあります。もちろん、これはFP機能の影響です。

ISTP:内向、五感、情緒、柔軟

ES系と比べると、人前で自己主張こそしませんが、強い信念があります。ST機能をしっかりと使っているため、以下の考えに囚われています。

  • もっと合理的に物事を考えて決断をしなければいけない
  • 感情や場の空気に流されてはいけない!軸を持つべきだ

ESTJやISTJのように、STJ機能を使えるようになりたいとは思っていますが、それ自体が実は情緒によるものだったりします。

ESFP:外向、五感、情緒、柔軟

楽観的で、陽気で、楽しいことが大好きです。正直、タイプ1ぽくないかもしれません。しかし、根は超マジメだったりします。

必ず宿題を終わらせてから遊びに行くのはこのタイプです。公私混同をせず、仕事は仕事、遊びは遊びとメリハリが完璧です。オンとオフが極端なら、このタイプかもしれませんね。ダウンタウンの松本さんとは、このタイプなんじゃないかなと思います。

ISFP:内向、五感、情緒、柔軟

自分の価値観や正義に忠実なのは、このタイプですね。16の性格の中では最も社交性がないかもしれません。生得本能がソーシャルだと苦労します。

タイプ1にしては、ちょっとお調子者的なところがあるかもしれません(FPの影響)一方で、自分が感情に流されやすい人間だとわかっているため、自分に何らかのルールを設ける場合が多いです。トライタイプ127の1優位と似ていますね。

ブラックジャックは、このタイプですかね。

ENTJ:外向、直感、思考、決断

タイプ1ENTJ決断を下すのが大好きなリーダータイプです。タイプ8に似ていますが、怒りの感覚をむき出さずに、いったん自分の中に閉じ込めます。

基本は、問題解決志向で、常に状況を改善して、自分が納得するまでやり抜きます。イライラカリカリはするのですが、それを表に出さずに建設的な方向に導いていきます。

それがたとえいばらの道だったとしても。

ワンピースのフランキーは、このタイプです。

INTJ:内向、直感、思考、決断

タイプ1INTJは、直感レベルで正しい・間違い、完全か不完全化をジャッジして、自身の中の批判者とじっくりと相談をして、正しい決断を下すことを心がけます。

やっぱり完璧主義者で、常に高い水準を求めています。

N機能と「怒り」の感覚の働き方に大きく影響されるかもしれません。なお、このタイプは、あまり自分をタイプ1と認識していないかもしれません。

また、「怒り」のスイッチがどこにあるのかわからないのもこのタイプです。

ENTP:外向、直感、思考、柔軟

タイプ1ENTPは、自身のの囚われである「怒り」を情熱へと転化させます。自分の意見や考えこそ主張しますが、異なる意見や考えを受け入れる柔軟性もあります。

通常のタイプ1はS:五感傾向が強く、事実を基に論理を組み立てていくことを好みますが、タイプ1ENTPは、N機能が発達しているため、過去の集積(事実)よりも、未来をよくするためのひらめきやアイディアを大切にします。

時々、周り合わせてマジメにぼけます。

気候とはセクシーである!といったあの人のように。

INTP:内向、直感、思考、柔軟

タイプ1とタイプ5を混ぜたようなタイプです。物事の本質を見極めて、複雑な問題に対して果敢とチャレンジをしていきます。知識欲や探求心こそ高いのですが、わからないことをわからないままにしておくことが大っ嫌いで、全力でその「わからない」を解決するために関わります。タイプ5は、「観察する人」ともいわれていますが、このタイプは「観察するかと思ったら体が勝手に動く人」と呼んだほうがよいでしょう。

ENFJ:外向、直感、情緒、決断

NF機能が強く、インスピレーションや情緒に振り回されるため、タイプ1ぽくないタイプ1です。それでも、自分が間違い、堕落をして、ドンドンとダメになることを恐れています。タイプ1のセクシャル・自己保存盲点は、至ってこのタイプが多いです。

INFJ:内向、直感、情緒、決断

研究者や科学者タイプに多いですね。このタイプは、ロボットや人類をピンチから救う兵器を作り出すかもしれません。

ズバリ、エヴァンゲリオンの赤城リツコさん。

ENFP:外向、直感、情緒、柔軟

タイプ1のセクシャルと相関性が高そうなタイプだと個人的には考えています。一度、感情が高まると、そんな自分の「うぉぉぉおぉ!」にコミットしてしまいます。一度正しいと思ったら、それが誤りだと認めたくないわけです。但し、行動やコミュニケーションの取り方は、全然タイプ1ぽくないです。

あえて、ENFPタイプ1がいるとしたら、その人のタイプ名は、「思い込みが激しい人」になるかもしれません。

INFP:内向、直感、情緒、柔軟

タイプ1INFPは、各タイプ1の中で最も繊細です。INFJと同じで思い込みが激しいかもしれません。エニアグラムに詳しい人であれば、タイプ1INFPは、自分のことをタイプ4だと思っていますね。

  • 【質問】タイプ4との決定的な違い
  • 【答え】自分が間違っている、正しくない、堕落していく!という感覚に絶えられるか?

同じINFPでも自分らしさを今宵なく愛するINFPもいれば、自身が信じるべき基準を大事にするINFPもいます。前者が、タイプ4INFPなのに対して、後者はタイプ1INFPである可能性が高いです。

心理機能こそ同じなのですが、根源的恐れや欲求が極端に違ったりもします。

 

 

はい、こちらの記事もどうぞ

エニアグラムとは?基礎から応用まで エニアグラムを徹底解説した目次ページです

エニアグラム9つの性格タイプ一覧表

▼9つの性格タイプについてはコチラの記事ですべて説明しております。

改革する人

助ける人

達成する人

個性的な人

調べる人

忠実な人

熱中する人

挑戦する人

平和をもたらす人

エニアグラムトライタイプ

【2020年企画】お仕事で悩んでいる方へ

私も愛用している強み・適職診断ツールです。お仕事や適職でお悩みの方は是非とも登録してみて下さい。 登録は無料です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください