エニアグラム-タイプ3:達成する人とは?

エニアグラムの性格診断(簡易版)、お疲れさまでした。

自分のタイプについてより深く理解できるとエニアグラムは凄く楽しくなってきます。

ここではタイプ3「達成する(リソ式)/成功を求めて達成する者」について様々な観点から解説をしていきます。

こんな流れでタイプ3についてみていきます。

1.タイプ3の特徴

エニアグラム-タイプ3

<タイプ3の性格>

  • 人から「デキルやつ」と思われたい。そのためなら、競争にも参加する。努力もする。オンリーワンなんて自己満足でしょ!
  • 何かを達成したとき、プロジェクトを成功させたとき、その帰り道で、その時に自分の本当の気持ちに気付いた瞬間が何度もあった
  • 圧倒的な成果を出すこと、高い専門性を持つこと。価値は自ら作り出すものだと思う。人の存在そのものに価値はないと思う
  • 小説や物語をじっくり読んでいる時間があったら、ネットでググってあらすじや要点を端的に教えてくれるページを探す
  • 「仕事を通して何か成功したことがあれば教えてください」と質問したら、スグに答えられる。(そんなのは事前に作っている)
ひよ子くん
要するに、見栄っ張りってことだね。
フクロウくん
逆じゃ。タイプ3は自分に自信がなく無価値な存在、というところからスタートしているおるのじゃ。

そもそもなぜタイプ3は、見栄を張るのか?

その答えは、外見を取り繕ったり、人に何かを与えられなければ、自分には価値がないと思い込んでいるからです。その結果、ありのままの自分ではなく、成功している自分を見せることで自分は価値のある存在だと他人から認められたい、自分でもそう思いたいという欲求を持っています。

ひよ子くん
その結果が「成功」や「達成」ってこと。大変だねー。成功しないと認めてもらえないんなんて・・・
フクロウくん
まぁ、タイプ3もタイプ3なりに幼少期に苦労しておるんじゃよ。

タイプ3の典型的なキャラといえば、エヴァンゲリオンに登場した惣流・アスカ・ラングレーですかね。EVAのパイロット=自分の存在価値と思い込んでいます。

新世紀エヴァンゲリオン タイプ判定

2.時間、人間関係、恋愛、仕事、お金で見る

時間

「時間とは何かを成し遂げるための手段」と考えている。仕事やプライベートは、目的意識を高く持ち、効率的に時間を使うことを好む。リラックスをするのも時間を有効に使う手段と考えるため、リラックスが苦手だったりする。また、そんな自分が大好き。

ひよ子くん
えー、なんだか仕事が凄くできる人みたいー。
フクロウくん
いや、正確にはアピールするのが上手なんじゃ

タイプ3にとって、仕事、勉強、スポーツは自分を輝かせるためのツールです。人から認めてもらうために、仕事や勉強にも精を出します。一方で、どんなに頑張っても、人から褒められなければ次第にやる気をなくします。

エニアグラムの中では、最もわかりやすいタイプであると同時に、最も扱いが難しいのがタイプ3かもしれませんね。

人間関係

気が合う合わないよりも、誰と仲良くするほうが得か?どんな人脈を持つべきか?と考える癖がある。通常、大人になれば誰でも損得勘定が働くが、タイプ3は子供のころから損得勘定で人を選ぶ傾向がある。

ひよ子くん
うーん、お友達がいなさそう・・・
フクロウくん
と思うじゃろ?じゃが、案外とおるぞい。

お友達はいますが、どれだけ多くの人から注目させるかにタイプ3はこだわるため、その態度が逆に仇となりグループから孤立することが多々あります。

ひよ子くん
フクロウくんは、タイプ3っぽくないよね(笑)
フクロウくん
そうじゃな・・・(タイプ5じゃからな)

誰にでも承認欲求はありますが、なぜ人から認めてもらいたいのか?各タイプには固有の動機や限度があります。

ところが、タイプ3には、その動機や限度がありません。お腹いっぱいまで承認欲求を満たそうとするし、またそのための努力を惜しみません。

人の評価が全てなんです。

恋愛

  • 誰と付き合っているかが大事だったりする
  • 容姿やステータスをかなりで意識している
  • 相手をアクセサリーのように扱う傾向がある
  • 恋人を人に見せびらかしたがる(自慢したい)
  • 同時に、大勢の前で相手を輝かせるのも得意
ひよ子くん
え・・・相手のことは好きじゃないってこと?
フクロウくん
そこはケースバイケースじゃな。じゃが、恋愛するときも相手のスペックを人一倍気にするぞい。

タイプ3・・・特に若いときは、男女関係なくイケメン・美女などと付き合って、みんなから羨ましがられるポジションを求めます。

男女関係なく、「モテたい」動機はかなり強い。男性ならばハーレムを作ることを求め、女性であれば女子会のリーダーポジションを好みます。それだけ恋愛を自分の価値をあげる材料の一つと考えているところがありますね。

一方で、内面はかなり繊細。いつもフロントラインで戦っているためか、なんだかんだで自分の弱さを受け入れてくれる相手を好きになります。

Say Anything 傷つけあう言葉でも
Say anything 断ち切れない心に
You say anything Just tell me all your sweet lies.
Say anything 演じきれない心に

タイプ3は、「自分の弱さを人に見せてはいけない」という思い込みがあります。そのため、人前では自分をよく見せようとしていますが、どこかで本当の自分自身を好きになってくれる人を求めています。

5688709 / Pixabay

ひよ子くん
じゃあ、逆に弱さを見せられる相手は大切にするってことだね。
フクロウくん
そうじゃな。ただ、包容力ややさしさ、人前で相手を立ててあげられる器などが必要とされるがな。

そしてもうひとつ!タイプ3は、恋愛や感情に振り回されることを好みません。恋人やパートナーに対しても自分の時間を奪われなくないと思っているため、ふたりでいる時間が長くなり、自身の時間を奪われたりすると距離を置くようになります。

ひよ子くん
恋も効率よく!なんだね。
フクロウくん
正確にいうと、タイプ3は自分の内面や感情と向き合うのが苦手なのじゃよ。

恋愛や男女においては一見単純だけれど、どこかで面倒なのがこのタイプですね。

仕事

とにかく働く!上司やお客さんの評価が全て。1秒でも早く仕事を終わらせようと必死になる。逆に、評価されないと、一気にモチベーションが下がる。タイプ3は、仕事に精を出す、その動機が人々から認めてもらうため。イコールそれが成功している証になるから。

ひよ子くん
ここはわかりやすいね(笑)
フクロウくん
これ自体が必ずしも悪いことではないが、タイプ3の場合、自分もそうだからみんなも同じだと思い込んでいる節があるんじゃ。

極論をいうなら、タイプ3は周りから評価されていると感じれば馬馬車のように働きます。各タイプの中で最もエネルギーを注げます。

geralt / Pixabay

同時に職場ではいつも自信たっぷりな態度です。「自分は有能な人間だ!」というオーラーを醸し出します。まさに歩く自己PRのようなものです。

実際に仕事ができるかは別です。。。。

ひよ子くん
でも、実際に仕事ができるんでしょ?
フクロウくん
そこは人によるぞい。ただ、タイプ3の場合、実力以上に自分を魅せるのが上手いんじゃよ

お金の使い方

自分をよく見せるためにお金を使う。イメージアップに価値を置く。ブランド物が大好き。SNSで輝いている自分をアピールするために、あえてゴージャスなお店に行って、写真を撮って、投稿するのはタイプ3にあるある。

MrJayW / Pixabay

ひよ子くん
Facebookでイイね!を貰うために高級レストランとかに行きそうだよね。(笑)
フクロウくん
ああ、ホテルのラウンジとかで写真を撮ったりして・・・

3.成長のレベル-健全、通常、不健全

エニアグラムには各タイプに応じて健全通常不健全と9つの成長レベルというものがあります。

  • 健全:レベル1~3-自然体で心身ともに安定した状態
  • 通常:レベル4~5-各タイプのそのままの状態
  • 不健全:レベル7~9-社会生活が困難なレベル

レベルについては、数字が高ければ高いほどよい状態です。レベル1の状態は、そのタイプの囚われ、根源的恐れ、根源的欲求から解放された最高の状態であり、レベル9の状態は末期の状態です。

あなたがレベル9でないことを祈りします。

健全-レベル1~3

レベル1.嘘偽りのない人

「他者から認められたい」という欲求がなくなり、あるがままの自分を受け入れます。

内省的で自己成長を純粋に楽しんでいる状態です。

裏表もなく、子供のように純粋で、他者と喜びや感動を共有しようとします。

「優れた人間でいたい」という気持ちすらなく「ありのままでOK」な状態。

今の自分を心の底から好きと思える状態です。

そんなオーラーが人に伝わるのか、誠実な人だと見られて、よきリーダーになれます。

レベル2.自信を持った人

人の期待に応えたいと思えるようになります。

タイプ3ぽいところがありますが、ちゃんと他者が自分のどこを見ているのかを気にできるようになります。

相手に対しても細かい気配りができ、過度なアピールやマウンティングをする頻度が減ります。

競争意識もなくなり、「あなたOK、私もOK」的な雰囲気になります。(エリックバーン)

タイプ3の自信とは、そんな大人の余裕です。

私に足りないものですかね。

レベル3.優れた模範

成功者を演じるよりも、優れた人になるべくストイックに努力をします。

たくさん勉強して、身体を鍛えて、教養を身につけて、感性を磨くようになります。成功よりも成長を求めます。

男性であれば異性と遊ぶのを控え、女性であれば女子会への参加が減るでしょう。

そして、本当に自分を磨いていると、自分磨きをしている感覚すらなくなります。

評価やナルシーな理由ではなく、純粋に成長することを楽しんでいます。

結果、人から尊敬されます。

通常のタイプ3は、プライドが高く、バカにされたり、見下されたりすると怒るものですが、この状態では受け流す余裕ができます。

タイプ3の自信とは、大人の余裕です(繰り返し)。

通常-レベル4~6

レベル4.競争心の強い地位狙い

最も私たちがイメージするタイプ3です。

目立ちたい!成功したい!という欲求に掻き立てられて、アクセル全開にしている状態です。

競争にも積極的に参加をするし、何としても勝とうとします。ワーカーホーリックになっていますが、目の前の栄光を手にするため、アドレナリン120%です。

どんな職業でもこの傾向はでます。また、職業以外でも、自分の子供にたくさん勉強させて、優秀な子供にしようとするときも、タイプ3のこのレベルの傾向が出ている証拠です。

社会的な成功=価値ある自分=それが全て
という方程式があり、そのために懸命に努力をします。

質が悪いのは、その目的を達成するためなら、他人も平気で巻き込みます。

成功こそが価値の証明であり幸せの条件である、という価値観を他人にも当てはめるからです。もちろん、悪気はゼロです。

レベル5.イメージ意識の強い実利主義者

何かが上手くいっていないときに、その問題を解決するべく努力をするものですが、この段階にいるタイプ3は、輝いているキャラクターを作り出します。

目の前の人や周囲に好ましい印象を抱かせることにエネルギーを集中し、中身よりも外見に走ります。

周囲の人に、好ましい印象を与えたいと思って、自分を演じる瞬間です。

ネットビジネスがその象徴

数年前にインターネットで「●●したら月収1000万」とか叫んでいた人がいましたが、この状態です。自分をブランディングするのが大好きで、うさん臭くすら思える状態。

成功者を目指すのではなく成功者を演じることに頭が回ります。

その結果、そのうち自分の顔が解らなくなるくらいにまで自らを追い込んでいくわけですが、他者からよく見られる快感にに囚われてしまい、そこの歯止めが利かなくなることです。

SNS中毒なる人にも多い

SNSでイイねをもらうために、借金をしてまで高級レストランで食事をしたり、高級ブランドの洋服を買うような行動にでたりします。

他人からは痛いなーと思われていても、自分で自分をだましている状態なので、そこに気づいていません。

レベル6.自己中心主義で自分を売り込む人

レベル5のイメージ操作に限界がくると、これまでのイメージが崩れていくことを恐れます。

タイプ3にとって、成功者のイメージは投資しても創り上げるものです。今まで投資したお金、時間、労力が全て無駄になるので、これは辛いです。

それ以上に人からバカにされることはタイプ3にとって屈辱以外何者でもありません。

高級ブランドから飛び込み営業へ

これまで自称高級ブランドだったタイプ3は、「私を見て!」「私を評価してくれ」とあたりかまわず飛び込み営業をするようになります。

そんなタイプ3の余裕のなさを見たときの周囲の反応は?

「あー、イタイ人」の一言に尽きます。

他人を下げても自分が上がる

「あの人って結局外見だけだよね!」と思われるのを恐れて、変な競争意識に駆り立てられます。

そして、自分のことを認めてくれない人たちを蔑むようになり、人を落としてまで自分を上位にあげようとします。

備考

嫉妬や妬みに駆り立てられたら、誰にでも傾向はありそうですが、これはその通りです。

ところが、タイプ3の場合は、成功や名声以外に価値を感じられなくなっているため、この「クドイ自分営業」が長く続きます。

不健全-レベル7~9

レベル7.自己欺瞞の操り手

他者を欺くことに罪悪感を抱かない状態です。この時点で、善悪の倫理観は欠如しています。

倫理すらない

仮に罪悪感や自己嫌悪になっても、他者を欺くことで得られることが多いと判断したら、迷わず行います。以前に学歴詐称した某コンサルタントがそんな感じだったかもしれません。

ところが、この状態のタイプ3は、明らかに態度が正常ではないため、誰からも相手にされません。

やがて姿を消す

タイプ3によっては、この状態になると姿を隠して、誰にも会わないようにします。自分が堕落したことを他者に知られたくないからです。

かつてニート&引きこもりの支援施設で働いていたときに、このようなタイプ3はいました。ニートであることを他人に知られるのが怖いため、部屋から出てきません。

夜に近くのコンビニに行くくらいです。

レベル8.不正直なご都合主義者

正常な判断ができていない

他人おろか、自分自身を騙している状態です。そのためか、他人にだますことに抵抗感はなく、最悪の場合、だましている感覚すらなくなります。

「私はウソを述べているつもりはないが、バレたらどうしよう」みたいな自己矛盾な状態になっています。

なお、リソの本を読む限り、この状態のタイプ3は社会に適合できる状態ではありません。誠実に自分と向き合う時間を作るしかありませんが、それ自体がタイプ3にとって最も難しいことです。

レベル9.執念深い精神病者

病的症状をまといます。

自尊心も誇りも自意識も全て失い、社会復帰困難な状態になります。心の中では「失うものは何もない」と思いながら、自分をダメにしてきた人たちを憎みます。

復讐心に覆われる場合もあります。

リソの本を読む限り、過激すぎなので、この記事では書けません。

4.ストレス時と成長の方向

ストレス時:タイプ9に移行する

自分が、「周囲から認められていない」、「みんなからダメなやつと思われている」、と感じるとモチベーションが低下すると、無気力な状態になります。

  • 人からダメなところを指摘されることを恐れ、当たり障りないキャラを演じる
  • 普段テキパキとこなせる仕事も、ダラダラと行うようになる。注意が散漫になる
  • 目的や目標を持つことを放棄して、抽象論に走り出す。(ワケの分らないことを述べる)

「成功なんて他人が決める尺度でしょ」と投げやりな態度になります。

タイプ3は、輝いている自分が大好きであり、ダメなところは人に見せまいとします。そして、バレないようにすればするほどぼろが出ます。負のスパイラルにハマりやすいです。

成長の方向-タイプ6

一方で、タイプ3が心身ともに安定しているときは、自分のことは二の次にして特定の誰かのためにコミットする忠実なキャラになります。

  • 自分の目的よりも大きなものが育つことにエネルギーを注ぎたくなる
  • コミュニケーションがシンプルになる。変な駆け引きがなくなる
  • 誰かが幸せになるのなら、自分の能力を喜んで提供したいと思う
ひよ子くん
心に余裕があるってことだね。
フクロウくん
自分で自分のことを認められる状態がタイプ3にとって一番良い状態なんじゃ。

タイプ3のキーワードは、他人の評価に左右されず自分のことを認められる確固たる自信です。

承認欲求や自己肯定感が満たされることで、タイプ3は小さな枠から脱出できて、高次元な欲求に目を向けるようになります。

これまでに出世ばかり考えていた人が、目的が達成された瞬間に「この会社をよりよくしたい」と心底から思えている状態ですね。

スポンサーリンク
東京エニアグラムワークショップ公式サイト

2019年11月23日開催-東京エニアグラムワークショップ
フルコースの巻

エニアグラム基礎講座

エニアグラムとは?基礎から応用まで

エニアグラムを徹底解説した目次ページです

エニアグラムのまとめ記事一覧

エニアグラム9つの性格タイプ一覧表

▼9つの性格タイプについてはコチラの記事ですべて説明しております。

改革する人 助ける人 達成する人
個性的な人 調べる人 忠実な人
熱中する人 挑戦する人 平和をもたらす人
エニアグラムサブタイプ診断ー2つ

エニアグラムを広めていくためにご協力ください。

フォローする