エニアグラム-タイプ2:助ける人とは?

エニアグラムの性格診断(簡易版)、お疲れさまでした。

自分のタイプについてより深く理解できるとエニアグラムは凄く楽しくなってきます。

ここではタイプ2「助ける人(リソ式)/愛を求めて支援をする者」について様々な観点から解説をしていきます。

こんな流れでタイプ2についてみていきます。

スポンサーリンク

1.タイプ2の特徴

<タイプ2の性格>

  • みんなから「ありがとう」と言われる。実は、みんなから感謝されるように色々と動いている。努力もする
  • 気遣いや気配りができない人は嫌い。仕事も大事だけれど、人間関係も同じくらい大事。
  • コミュニケーションがない職場は心が病む。
  • 誰かのためにではなく「自分のために時間を使いなさい!」と言われて、正直何をしてよいかわからなかったことがある
  • 困っている人は放っておけない!よく手を差し伸べる。

2.時間、人間関係、恋愛、仕事、お金で見る

時間の使い方

人のために時間を使う。仕事やプライベートの境目も曖昧だったりする。相手のために時間を費やして、「気付けばこんな時間に!」なんてこともしばしば。ひとりでいる時間は少ないと思う。

ひよ子くん
えー、超いい人じゃん!タイプ2サイコー
フクロウくん
まぁ、その分見返りも期待されるがな。

人間関係

会社・プライベート問わず、良好な人間関係を求める。困っている人を放っておけない。「必要とされる存在でありたい!」「感謝されたい!」という気持ちが強い。何かをしてあげたのに感謝されないと凹む。

恋愛

とにかく、相手に尽くす。自分が満たされるよりも相手を満たすことを第一に考える。でも、やっぱりそれ相応の感謝の言葉が返ってこないと凹む。「私はここまでしてあげているのに・・・」という不満を抱えることが多い

仕事・働き方

数字や成果よりも、周りの人から感謝されているときが一番うれしいと感じる。転職や会社を辞める原因が、実は人間関係だったりする。「どんな仕事」よりも「誰と働くか?」のほうが凄く大事だったりする。

お金の使い方

何かを買う先に、やっぱり誰かの存在がある。例えば、ブランドバックをひとつ買うときも、「●●さんは、このバックを持っている私を見て、『凄く似合うね』と言ってくれるかなー」とレジの前で想像(妄想)している。

3.ストレス時と安定・統合時

ストレス時:タイプ8に移行する

自分の欲求が満たされずストレスを抱えたときにタイプ2は、タイプ8のように自己主張が強くなり、相手に様々なことを要求するようになります。

  • 「ここまでしてあげたのに…なんで気付いてくれないの?」と相手に見返りを訴える
  • 自分は必要な人であると誇示するために、身体を壊す勢いで働くようになる
  • 気を許す相手(恋人や夫婦)の前にでは愚痴が半端ない。完全に二重人格になる

無償の愛を提供しているつもりが、やっぱり心の奥底で相手からの見返りを求めてしまいます。もちろん、これはみんなそうです。気にしないでください。

安定・統合時:タイプ4へ移行する

心身共に安定をすると、タイプ2はタイプ4のように自分の気持ちに正直になり、心の内を自分の言葉で表現するようになります。

  • 相手に遠慮することなく、楽しそうに自分の気持ちを表現するようになる
  • 絵をかいたり、演奏したり、ダンスしたりと、クリエイティブな面が発揮される
  • 相手の顔を伺うことなく、本音や本心でで相手と接するようになる

タイプ2は、相手から必要とされる存在になろうとして、各タイプの中で最も2面性を持ちやすくなりますが、心身ともに安定している状態になると、ありのままの自分を表現するようになります。

そして、不思議なことにありのままの自分でいることが、本当のタイプ2らしさになり、「私は、幸せ」というエネルギーが相手に伝わり、人が寄ってきます。

スポンサーリンク

エニアグラムを広めていくためにご協力ください。

フォローする

エニアグラムのまとめ記事一覧

▼9つの性格タイプについてはコチラの記事ですべて説明しております。

改革する人 助ける人 達成する人
個性的な人 調べる人 忠実な人
熱中する人 挑戦する人 平和をもたらす人