【エニアグラム】トライタイプ:146哲学者・思想家

エニアグアムトライタイプです。国内・海外のネット記事を参考にしながら、これまでの自身の視点を交えて書いています。マメに更新していきます。

トライタイプ146の概要

全トライタイプの中で、最も自分にも人にも厳しい人たちです。そして、世界を「批判的」に捉えて、今の世界に恐怖を感じています。このトライタイプで有名なのは、「神は●んだ!」のあの人です。

ひよ子くん
ニーチェさん・・・最後は、人生詰んだよね!
フクロウくん
それを言うな

哲学者と呼ばれていますが、トライタイプ145の「研究者・教授」との決定的な違いは、ひとりで考えこまないからです。

どちらかというと、世間や世の中に疑念を持ち、問題点を導き出し、その問題を解決するために立ち上がります。

哲学者と言われる所以は、「普通の考え」、「一般常識」、「世論」などに迎合することに対して恐怖を感じているからです。

どう感じるかはタイプ次第です。

基本タイプとトライタイプ

基本タイプが1

基本がタイプ1なので典型的な改革者タイプに見えます。少なくとも人前ではリーダーのように振る舞い、断定的に物事を判断します。しかし、その内面は、答えのない問題に答えを出さなければならない「不安」や自分のあり方に対して疑念があり、その疑念を晴らすために真実を探求します。通常のタイプ1と比べると内省的でしょう。

ひとりの時間はタイプ4やタイプ6になっているかもしれません。そのため、トライタイプ146・164の多くは、自分をタイプ1だとは思っていません。エニアグラムに詳しくなればなるほど、自分の事を他のタイプのように錯覚する場合があります。

ひよ子くん
じゃあ、そのまんまタイプ1でいいんじゃないの?
フクロウくん
じゃが、このタイプは最後には白黒をつけたがるのじゃよ。

そう、自分の事をタイプ4やタイプ6と思っていますが、最終的には何もかも自分でジャッジをしたがるのです。自己判定はともかくとして、ハッキリとした答えを求めて、スッキリを求めるその態度こそタイプ1なのです。

 

基本タイプが4

通常のタイプ4と比べてルールや秩序に従う傾向が強く、自身の個性を表現したがりません。タイプ1のガッツセンターとタイプ6のヘッドセンターが制御してくれます。

タイプ6のほうが強ければ、自分らしく生きることに不安を感じて規律に従うでしょうし、タイプ1のほうが強ければ、「こんなんじゃだめだ」と自分を自己抑制します。

「え、結局どっちなの?矛盾していない?」と思いますが、それは人間だから仕方ありません。

そして、その矛盾により、「結局私って何なんだっけ?」と自分のあり方に振り返ります。

基本タイプが6

理想的な傾向が強いです。トライタイプ147はコテコテの理想主義者と仮定するとわかりやすいですね。本当は、理想に徹して行きたいのですが、どこかで現実的な不安によってブレーキがかかっています。

もちろん、その「不安」のブレーキが悪いわけではなく、内省的になり、考える機会を生むのです。結果、哲学的な思想にふけるといったところでしょうか?

このタイプがいちばん不思議。

はい、こちらの記事もどうぞ

エニアグラムとは?基礎から応用まで エニアグラムを徹底解説した目次ページです

9つの性格タイプ一覧表

▼9つの性格タイプについてはコチラの記事ですべて説明しております。

改革する人

助ける人

達成する人

個性的な人

調べる人

忠実な人

熱中する人

挑戦する人

平和をもたらす人

診断テストはこちらから

エニアグラムxトライタイプ

エニアグラムトライタイプ

【2020年企画】お仕事で悩んでいる方へ

私も愛用している強み・適職診断ツールです。お仕事や適職でお悩みの方は是非とも登録してみて下さい。 登録は無料です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください