16タイプ劇場:もしもINFPがESTJのペルソナを被ったら…

16タイプ…もしもシリーズを開始しました。

タイトルの通り、『もしもINFPがESTJのペルソナを被ったら…』を簡単にまとめていきます。

ESTJのペルソナを被ることで、以下の特徴が目立つようになります。

  • 外に出る: 内向的で感じているが、対外な行動を取ることが増える
  • 合理的な判断: 感情的・価値観中心の判断から、事実や経験に基づく判断を下す
  • 明確な指示: 他者に対して、自分の意見や考えを明確に伝えようと心掛ける

但し、たくさんの心理的葛藤を抱えるかもしれませんが、意外にもやる気になればできます。

では、INFPペルソナ劇場をご覧ください。

INFP→ESTJペルソナ劇場

銀行の営業担当として働く稲船P子は、新しいプロモーションキャンペーンのリーダーに任命されました。

このキャンペーンは、銀行にとって非常に重要で、短期間での成果が求められていました。P子は内省的で、直観/感情/柔軟な考え方を好みますが、このキャンペーンの成功のためには、まずは結果を出すことが大事です。

戸惑いながらも、ESTJのマネをする道を選びました

彼女はキャンペーンの目標を明確に設定し、部署内のメンバーに役割を割り当てました。

INFPは、自分の価値観ありきで判断を下しますが、「自分の気持ちは最後!まずはみんなの期待に答えねば」と自分に言い聞かせました。もちろん、そこにはたくさんの葛藤があったでしょう。

また、いちど判断したら「やっぱり間違っていました」と訂正するのはNGと自分に言い聞かせました。

この過程で、P子は自分の心の中で葛藤を感じました。

どこかで自分らしさを犠牲にしているような気持ちになりました。

また、銀行とはいえ、組織は人の集まり。
クライアントや同僚の感情がある。

自分は十分に配慮していないのではないか?という不安が湧き上がることもありました。

しかし、自分のミッションは、キャンペーンの成功です。まずは、チームメンバーの期待に応えるるのが先決です。

彼女は一時的にESTJのペルソナを被ることを選びました。

完全に合理的な世界ではなくても、まずは合理的に徹するのみ!

自分の主観や感情を後回しにして、自分の役割を理解して、合理的に判断に徹して、途中で何があっても最後まで決めたことを終わらせる!

そして、皆にも協力を促す!を徹しました。

結果、そのキャンペーンは大成功でした。

キャンペーンが終わった後、P子は自分のINFPとしての特性を理解しつつも、状況に応じてESTJの役割を組み合わせることで、よりバランスの取れたアプローチを持つことができると気づきました。

これは、彼女のキャリアにとって新しい成長の機会となりました。

めでたしめでたし

INFPがESTJのペルソナを被るメリット

特にESTJのペルソナを被る場合のメリットは以下の通りです。

  1. 効果的なコミュニケーション: ESTJのペルソナは、リーダーシップと効率的なチーム運営においては適しているタイプです。INFPがESTJの特性を理解して、意図的に取り入れることで、本人も驚くほど他者とのコミュニケーションがスムーズになります。
  2. 自己の柔軟性と成長: INFPは、自分の感情が傷つけられることを恐れますが、組織の役割に傾倒することで様々な発見をすることができます。
  3. タスクの効率的な遂行: ESTJのペルソナは、計画的で組織的なアプローチができます。INFPがこのペルソナを被ることで、タスクの優先順位を明確に設定し、目標に向かって効率的な行動を選べるようになります。仕事が早くかたずけば「自分だけの時間」が増えるので、今まで以上の時間をINFPタイムに捧げることができます

この3つのメリットを通じて、INFPは自分の感受性や直感と、ESTJの合理性や組織力を組み合わせることで、人生はバラ色になるでしょう。

何よりも、逆のタイプのペルソナを意識的に被ることで、自分の固定された価値観や物の見方に新しい視角が生まれ、それが自分の深い部分に豊かな変化をもたらすことができます。

これはINFPに限ったお話ではなく、全てのタイプに言えることです。

ペルソナを使いこなすことで、自分のタイプに対する理解も深まりますし、社会手に適応できない問題の50%は解消します。

是非とも試してください。

16の性格タイプの記事を最後まで読んでくださりありがとうございました。

頭では解っているけれど、行動に移せない、現実に反映できない―そんなあなたへ。

エニアグラムと16タイプ性格診断を組み合わせた当セッションでは、無意識の恐れやメンタルブロックが何であるかを明らかにし、それを克服する手助けをします。あなただけの心の動きをに気づき、"わかっているのにできない"を解消しましょう。

性格ではなく課題にフォーカスしたエニアグラム×16タイプ(8つの心理機能診断)はこちらから。

グループ講座はこちらから