16タイプ×INTJの強みと弱み

INTJの強みと弱みをサクッとまとめてみました。元ネタは16Personalitiesの以下の記事の和訳です。

コピペ記事にならないように随時改修×補強します。

https://www.16personalities.com/intj-strengths-and-weaknesses

強み

合理的

INTJは頭が良く、問題解決に合理的なアプローチを取ります。困難な状況も、新しい知識を得る機会と捉えることができます。

「合理的」という言葉は、INTJの性格特性において、特に論理的思考や効率的な問題解決への傾向を指します。具体的には、感情や主観よりも事実やデータに基づいて意思決定を行うという意味です。

INTJが合理的である理由については以下の記事を参照ください。

INTJの合理性とは?

情報通 – 情報に基づいた意見形成を得意とし、感情や思い込みではなく、徹底した調査と分析に基づいて結論を出します。

独立志向 – 既存の型にはまらず、創造的で自発的に物事を進める傾向があります。規則や慣習に束縛されることを好みません。

決断力 – 目標志向が強く、野心的です。自分にとって重要な目標や追求を達成するまで休むことはありません。

好奇心旺盛 – 新しいアイデアや異端的な視点に興味を持ち、事実が間違っているとわかれば、自分の意見を修正する柔軟性も持ち合わせています。

独創的 – 独特のアイデアや発明により、周囲に新しい視点を提供します。世界に対して影響力があり、面白みを加える存在です。

弱み

  1. 傲慢 – 知識が豊富な一方で、他人の意見を軽視する傾向があります。自分の考えに固執しすぎることも。
  2. 感情を軽視する – 合理性を重んじるがゆえに、感情の重要性を見落としがちです。感情を無視することで、自分の判断が鈍ることも。
  3. 過度に批判的 – 自制心が強いため、他人の欠点を辛辣に批判することがあります。これは時に不当と捉えられることも。
  4. 戦闘的 – 無駄な規則や規制に対して反発し、時に重要な問題から目をそらす原因となることもあります。
  5. 社会的無知 – 絶えず合理性を追求することで、社会生活における孤立感や疎外感を感じることがあります。人間関係の重要性に対して冷笑的になることも。

以上のように、INTJタイプは合理的で独立志向が強い反面、感情の重要性を見落としたり、他人との関係性に課題を持つことがあります。これらの特徴を理解し、バランスを取ることが重要です。

16の性格タイプの記事を最後まで読んでくださりありがとうございました。

頭では解っているけれど、行動に移せない、現実に反映できない―そんなあなたへ。

エニアグラムと16タイプ性格診断を組み合わせた当セッションでは、無意識の恐れやメンタルブロックが何であるかを明らかにし、それを克服する手助けをします。あなただけの心の動きをに気づき、"わかっているのにできない"を解消しましょう。

性格ではなく課題にフォーカスしたエニアグラム×16タイプ(8つの心理機能診断)はこちらから。

グループ講座はこちらから