【エニアグラム】タイプ1とタイプ8の違い-ブチ切れ編

エニアグラムネタです。

「怒り」「ブチ切れ」をキーワードにタイプ1とタイプ8の違いについて書いてみました。

最近仕事をしていて感じたタイプ1とタイプ8の違いです。両方とも、ちょっと怒りっぽい点では一緒なんですけれど、タイプ1とタイプ8の人がキレたときに、両者の違いがはっきりと分かるんですね。

なお、私の会社ネタですが、今働いている会社では、タイプ1の先輩とタイプ8の社長がいます。なので、タイプ1とタイプ8の性格の違いが分かってしまいましたね。

ひよ子くん
タイプ1といえば、僕のことだね。へー、興味あるー。
フクロウくん
そうじゃな。確か、ひよこくんはタイプ1じゃな。全くそうは見えないけれど・・・

タイプ1とタイプ8の性格は以下の通りですね。

  • タイプ1-「完璧を求めて改革をする人」
  • タイプ8-「「強さ・力を求めて戦う人」

タイプ8とタイプ1は、【本能】【感情】【思考】中枢の中で、本能中枢が最も強く働いていますね。

本能中枢の人にとって大事なのは、ズバリ自分の存在。とにかく、自分がどうあるべきか!に強く拘る性格です。そんな感じで、怒りや恐れなどはタイプ8、タイプ9、タイプ1にとっては強いエネルギーになります。物凄く態度に出やすいです。

ひよ子くん
怒りる、怖がる、ってのは生きている!ってことだね。
フクロウくん
ま、まぁな。(キレることが必ずしも、生きていることとは限らんけれど・・・)

さて、そんな感じで、怒りをキーワードにタイプ8とタイプ1の違いについて一緒に考えていきましょう。

ポイントは3つです。

  1. キレるタイミング
  2. キレ方&態度
  3. 怒りを収める方法
スポンサーリンク

1.キレるタイミング-タイプ1vsタイプ8

タイプ1は、物事の筋が通っていない、もしくはルールやセオリーから逸脱していると、物凄く厳しく注意してきますね。対して、タイプ8は、自分の考えと違ったらやっぱり厳しく絡んできます。

私の仕事は、ウェブデザインです。イラストレーターでホームページの設計書を描いて、HTMLでコーディングを行います。完全に一人仕事なので、結構自由にデザインはさせてもらえるのですが、デザインを提出して、OKが出たことは一度もありません。

それどころか、ほぼほぼボロクソにダメだしを受けます。もう慣れましたけれど、タイプ3の私にとって、ダメだしオンリーの指摘はやっぱり辛いものです。

こんな感じです。

1-1 タイプ1の先輩からデザインの意図を質問される

イラストレーターで作成したデザインを提出すると、だいたいこんな質問攻めを毎日のように受けます。

  • 「なんで、この書体はメイリオなの?」
  • 「なんでこの色は赤なの?統一性がないよね?」
  • 「このコピーだけれど、意味が伝わりにくいよね?どう思う?」
ひよ子くん
へー、タイプ1ってこんなに厳しいんだー。怖いねー。
フクロウくん
厳しいというか、キチンとした説明を求めているだけだぞい。自由の裏には必ず責任という言葉がついてくるのじゃ!

まぁ、こんな感じで、チクチクといつもツッコミを受けています。トイレで泣きたくなる日もありますが、もう慣れました。(笑)

1-2 タイプ8の社長は、メチャクチャ指示的

タイプ1の先輩は質疑から入りますが、タイプ8の社長は、ダメ出しすらせずに、いきなり変更しろ!と命令してきます。

  • 「このレイアウトはこうしろ!」
  • 「このテキストを差し込め!」
  • 「この素材はダメだ!削除しろ!」

本人は至って普通の話し方をしているつもりなのですが、傍からだとどう見てもブチ切れているようにしか思えない・・・。とにかく声が大きい。

5年前にこの社長に出会っていたら、速攻で逃げていましたけれど、エニアグラムを学んでからは、「あー、タイプ8の性格なんだなー」と思えるようになりました。

ちなみに、普段からとにかく高圧的なので、キレたらもっと怖いです。。。

2.キレ方&態度

タイプ8の社長はもう怖いの一言。本能の赴くままに怒鳴ります。言い訳もしません。そんな時間すらあら得られないままマシンガントークを食らいます。タイプ6が得意とする権力には黙って従うの戦略で逃げ切ります。

ひよ子くん
逃げちゃだめだよー
フクロウくん
いや、社長とけんかするほうがヤバいだろ

まぁ、これくらいのパワーがある社長だからこそ、本当に頼れます。(でもやっぱり怖い)

対して、タイプ1の先輩・・・話し方こそオブラートですが、ボソッとした静かな声がやっぱり怖いですね。大人しく寡黙な方だけれど、やっぱり高圧的です。納得が行かなければ、タイプ8の社長とも戦います。

ひよ子くん
へー、じゃあ僕も少らはそうなるのかなー?
フクロウくん
さぁな ・・・(既になっているがな)

まとめると、タイプ1と8は、接し方や態度こそは違うものの、自分の中で納得いかないとトコトン突っかかります。本能中枢が強い人は、自分が持っている考えを物凄く大事にして、周りの意見には動かされません。よく言えば軸がある。悪く言えばガンコです。

3.怒りを収める方法

いちばんベストなのは、「従う」、もしくは、徹底的に戦うですね。話をはぐらかして逃げるのがいちばんよくないです。タイプ1とタイプ8を相手にするときは、意見が食い違ったときは、白黒をハッキリさせるのがいちばんよいです。

ひよ子くん
えー、場合によっては、ボコボコにしてもいいってことー?
フクロウくん
そこまでやらんでもよい。ただ、ハッキリさせるだけじゃ。

もちろん、誰だって論破されるのは嫌です。が、タイプ1やタイプ8の場合は、論破されるよりも適当に扱われる方がもっと嫌なのです。スポーツでいうと、ドローで終るようなものですね。タイプ1とタイプ8は、このモヤモヤ感を嫌うので、決着はつけるべきです。

ちなみに、経験上、いちばんキレたら怖いのは、タイプ9です。孫悟飯並みに全てを破壊する勢いでぶち壊してくるので、気を付けてくださいね。(笑)

※タイプ9のブチ切れる編については別の記事でお話をします。

ひよ子くん
まぁ、とりあえず人を怒らせないほうがいいってことだね。みんなで楽しく、平和に生きよう!
フクロウくん
相変わらず、ノー天気なやつだなー・・・

スポンサーリンク

エニアグラムを広めていくためにご協力ください。

フォローする

エニアグラムのまとめ記事一覧

▼9つの性格タイプについてはコチラの記事ですべて説明しております。

改革する人 助ける人 達成する人
個性的な人 調べる人 忠実な人
熱中する人 挑戦する人 平和をもたらす人