スポンサーリンク

マズローの5段階欲求説とエニアグラムの意外な関係とは?

エニアグラムワークショップやエニアグラムトーク、最近だとエニアグラムの個別セッションのときに、よく登場するのが、マズローの5段階欲求です。

エニアグラムとマズロー

拡大すると大きくなります

エニアグラムとマズローの5段階欲求の愛称が抜群です。

マズローの5段階欲求説 エニアグラムの9つのレベル

エニアグラムの話をするつもりだったのに気づけばマズローネタに走ることも珍しくありません。それほどメジャーなんですね。マズローの5段階欲求説って。

スポンサーリンク

【マズロー】の【5段階欲求説】とは?

自身のマズローの復習もかねて、マズローと5段階欲求についてざっと解説をしていきます。エニアグラムの小ネタも混ぜるので、飛ばし読みをしないでくださいね。

マズローとは?

アブラハム・ハロルド・マズローは、アメリカ合衆国の心理学者。 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区に生まれる。彼は人間性心理学の最も重要な生みの親とされている
wikipedia

人が何を求めているか?について研究をしていた人間性心理学者です。心理学のみならず、教育や経営学、そしてマーケティングの分野でもみんなが知っている、かの有名人MRマズローです。

有名なのが、この後に紹介する5段階欲求説です。

5段階欲求説とは?

マズローは、人間の欲求を<生理的><安全><愛・貴族><承認><自己実現>の5つのレベルに分けました。そして、人間の欲求は、下の欲求をクリアしてから、次の欲求を目指す、というのがマズローの理論です。

では、まずこの5つの欲求についてみていきましょう。

1.生理的欲求

食事、睡眠、休憩、その他生理現象など生命を維持するために備わった欲求です。例えば、仕事や男女関係で悩んでいても、お腹がすけばご飯を欲します。寝たくなったら寝ます。トイレに行きたいときは行きます。

生命を維持するための欲求はどんな状況下でも優先されます。

人間の根底にある欲求。ほかの欲求はこの生理的欲求をクリアしてからになります。

2.安全欲求

次の安全欲求。この欲求は、身の安全や心の安心を求める欲求です。衣食住に関わる欲求は全て、この安全欲求に含まれますね。

例えば、私たちがお金を欲しがるのも、お金がないと不安だからです。家賃も払えなければ、身体に優しい食べ物も食べられません。冬にジャケットを着ないと、オダブツです。

nattanan23 / Pixabay

最近だと心理学や精神科学が発達したため、心の病気なんかもこの欲求に含まれそうですね。

この欲求が脅かされている状態は、エニアグラムの9つの成長レベルの中の不健全のレベルに近いですね。自我が崩壊しないように、自分の性格の中にこもっている状態ですから。

この欲求は自力で解消するしかありませんね。

タイプ6<忠実な人>は、この欲求に対して敏感かもしれませんね。

3.愛・帰属欲求

愛・帰属と次の承認欲求については、社会的な欲求と言われています。人とつながりをもちたいという欲求ですね。

仕事も順調で、経済的にも余裕ができて、家の中に必要な家具もそろって、冷蔵庫を空ければ食べたいものが一通りある状態で次に芽生える欲求です。

それは

zhivko / Pixabay

愛したい、愛されたい

愛されるより愛したい

友人・仲間が欲しい

誰かと話をしたい

自分の話をもっと聴いてもらいたい

と感じる欲求です。結局のところ、人は孤独だと生きられません。それは、タイプ5<調べる人>も同じです。本当に一人のほうが気が楽なら、無人島で暮らしているはず。

このように、私たちは物質的な欲求が満たされると、社会的な欲求を意識して誰かとつながったり、組織・コミュニティーに属したいという気持ちに芽生えます。

だから、私たちは仮面を被っても、どこかに属したいと願うわけです。それが時に傷つくことになってもです。一人が寂しいから。

エニアグラムを学ぶと、この欲求について考える機会がたくさんあります。私を含め、結局のところ、ありのままの自分を誰から受け入れてもらいたい、という欲求がどこかにあるからです。

タイプ2<助ける人>にとって、愛の欲求が満たされない状態は、安全欲求が満たされないくらい辛いかもしれませんね。

4.承認欲求

愛・帰属の欲求が満たされた状態は、いわば人が回りにいる状態です。すると、次は、周りの人たちから、「認められたい」という欲求が芽生えます。これが承認欲求です。

この欲求があるからこそ、一生懸命仕事に打ち込んだり、自分磨きをします。また、結果として経済活動を活性化させる引き金にもなります。この欲求はなんだかんだで最強の欲求です。

FotografieLink / Pixabay

一方で、この欲求に囚われると、周りからどう見られているのかが気になり、自分を見失うこともあります。

タイプ3<達成する人>は、この欲求が顕著に出ますね。承認欲求を目指して、ダイナミックに活動しているタイプかもしれません。(笑)

マズローは、この欲求までを<欠乏欲求>と呼びました。自分に足りないものを満たそうとするネガティブな欲求です。

言い換えたら、コミュニティーや自己評価を気にしている状態は、それが満たされないなくて、満たされたいと願っている状態なんですよ!という残酷なマズローのテーゼです。

そして、この欲求を満たせて、はじめて人間が人間らしい欲求を求めるようになると論じました。

5.自己実現

sasint / Pixabay

それこそが、自己実現欲求です。

この欲求は、本当に自分らしく生きたい!と願っている状態です。他人の評価や人のつながりを超越して、自分の目標に向かって走り出している状態です。

もちろん、この欲求に向かって走るのが簡単なようで難しい。例えば、テストでいい点をとって、いい大学に入って、いい会社に入って、いいパートナーを見つけて、家族に恵まれて、幸せに過ごしたい!と願っていても、それ自体が欠乏欲求の可能性が高いからです。

マズローのように、迫害から逃れるためにアメリカに亡命をして、明日生きるか死ぬかわからない状態でも、人間心理を探求したい!という意思を持ち、自己実現を目指したなら、これは自己実現欲求かもしれません。

また、人生を順風に過ごしてきて、老後も安泰だったけれど、私財をなげうってまで本当に自分が臨んだ人生を生きようとしたらのなら、これも自己実現です。

マズロー曰く、自己実現ができるのは、およそ10%です。言い換えるなら、相当な覚悟ナイト自己実現は難しいのかもしれません。

エニアグラム的にいうなら、タイプ8、タイプ1は、自己実現を目指して進んでくタイプかもしれませんね。その過程で9つのレベルにおける試練にたくさんぶつかりそうですが。

6.自己超越

はい、最後にもうひとつ!それが6つ目の欲求「自己超越」です。この状態は、自分の欲求がない状態です。

結局のところ、自己実現も自分がありたい姿や目指している姿に向かっているため、欲求そのものは存在しています。対して、この自己超越は、人間の欲求そのものが欠落している状態です。

MMckein / Pixabay

「みんなが幸せに暮らせるなら、それでいいやー」といった個人の欲求を手放している状態です。

【欲求=人間らしさ】と定義するなら、それすらない人たちを自己を超越した人たちだと考えられます。

ある本によると、ブッタやイエスキリストはこのレベルに到達したとか。。。

「今日も世界のみんなが笑えますように」と我を忘れて、世界全体のことを考えられる人たちは、もしかしたらこの自己超越レベルなのかもしれません。

エニアグラムが踏み込みない領域ですね。

マズローとエニアグラムでわかったこと

エニアグラムの各タイプのレベル1の<根源的欲求>が満たされている状態が、マズローのレベル5、6に近い状態だと思ってまとめてみました。

一方で、エニアグラムのタイプごとの低いレベルにいても、いきなり高いレベルを目指さずに、まずは目先の欲求をひとつづつ満たしていけばいいんだ、と気づくことができました。

一応、これでも自己実現を目指していますが、まだ満たしたい欲求が目の前にたくさんあるので、ひとつひとつ満たしていこうと感じた33の夜でした。

タイプ3<達成する人>にとって、承認欲求が満たせない状態は、安全欲求が満たせない状態と同じですから。(笑)

エニアグラムを広めていくためにご協力ください。

フォローする

エニアグラムのまとめ記事一覧

エニアグラム9つの性格タイプ一覧表

▼9つの性格タイプについてはコチラの記事ですべて説明しております。

改革する人 助ける人 達成する人
個性的な人 調べる人 忠実な人
熱中する人 挑戦する人 平和をもたらす人