外向倫理(Fe)とは

周りの人を楽しませたり、みんなで盛り上がったりするのって、とっても大切ですね。

例えば、友達と一緒に遊んでいる時、みんなが笑顔になれるようなことを言ったり、雰囲気を盛り上げたりするのは、外向倫理(Fe)の力なんです。

ソシオニクスでは、この外の世界の感情や雰囲気を読み取り、それに働きかける機能を「外向倫理(Fe)」と呼んでいるんです。

外向倫理の概要

合理機能としての外向倫理

外向倫理(Fe)は、周囲の感情や雰囲気を読み取り、それに影響を与える機能です。

人々の感情を揺さぶり、興奮や活気を生み出すのが特徴で、感情表現の力に長けています。

例えば、みんなを巻き込んで盛り上げたり、グループの一体感を高めたりするのが得意なんです。

ポイント: 周囲の感情や雰囲気を読み取り、それに影響を与える機能

内向倫理と論理機能との違い  

外向倫理は、内向倫理(Fi)や論理機能(Ti, Te)とは異なる特徴を持っています。

内向倫理が個人の価値観や信念に基づくのに対し、外向倫理は周囲の感情や雰囲気に焦点を当てます。

また、論理機能が事実や合理性を追求するのに対し、外向倫理は感情の高まりや共感を大切にするんです。 

ポイント: 内向倫理や論理機能とは異なる視点を持つ

タイプ別/モデルA

第1機能 Fe(ESE, EIE)

ESEやEIEは、外向倫理を最も得意とするタイプです。

周囲の感情の流れに敏感で、即座に反応し、人々を夢中にさせるような活動を生み出します。

感情を掻き立てる力が物事の価値判断の基準となり、感情の誠実な表現を重んじるんです。

ポイント: 周囲の感情の流れに敏感で、人々を夢中にさせる活動を生み出す

第2機能 Fe(SEI, IEI)

SEIやIEIは、外向倫理を2番目に得意とするタイプです。

周囲の感情的雰囲気に敏感で、人だけでなく、場所や環境からも感情を読み取ります。

ポジティブな雰囲気が幸福感や内なる平和につながるため、それを促進しようと努めるんです。

ポイント: 周囲の感情的雰囲気に敏感で、ポジティブな雰囲気を求める

第3機能 Fe(LIE, LSE)

LIEやLSEは、外向倫理を3番目に得意とするタイプです。

グループの中では感情的雰囲気に適応しようと努力し、ポジティブな発言で場を盛り上げようとします。

しかし、その努力は長続きせず、内面の感情と場の雰囲気が衝突すると、うまく溶け込めなくなるんです。

ポイント: 感情的雰囲気に適応しようと努力するが、内面の感情と衝突するとうまくいかない

第4機能 Fe(ILI, SLI)

ILIやSLIは、外向倫理が最も苦手な機能です。

感情的な弱みを見せないように努め、興奮や騒動には無関心で節度を保つ人に見えます。

派手な感情表現の多いグループ活動や、無理に楽しもうとする雰囲気が特に苦手なんです。 

ポイント: 感情的な弱みを見せないように努め、派手な感情表現の多い雰囲気が苦手

第5機能 Fe(LII, LSI)

LIIやLSIは、外向倫理に憧れを抱くタイプです。

仕事に没頭するあまり、感情を解放する機会を逃しがちで、ストレスが溜まりやすいです。

人前で自分を表現するのは苦手ですが、親しい人には砕けた態度を見せることもあるんです。

ポイント: 感情を解放する機会を逃しがちで、人前で自分を表現するのが苦手

第6機能 Fe(ILE, SLE)

ILEやSLEは、外向倫理を楽しむために支援が必要なタイプです。

笑顔や冗談が飛び交う自由な雰囲気を求めていますが、自分では作り出せません。

他者に感情面でのリードを期待しますが、それがかなわないとがっかりしてしまうんです。

ポイント: 自由な感情表現の場を求めるが、自分では作り出せずに他者に期待する

第7機能 Fe(ESI, EII)

ESIやEIIは、外向倫理よりも内向倫理を優先するタイプです。

グループの感情的雰囲気に溶け込むことはできますが、内面の感情と一致しないなら意義を感じません。

場の雰囲気に合わせるのは必要だと認識していても、積極的にそれを行うことは拒みます。

ポイント: グループの感情的雰囲気に溶け込めるが、内面の感情と一致しないなら積極的に合わせようとしない

第8機能 Fe(SEE, IEE)

SEEやIEEは、外向倫理を真剣に捉えないタイプです。

ポジティブな感情が溢れる状況は高く評価し、自らそうした雰囲気を作り出すのも得意です。

しかし、そうした雰囲気づくりを最優先事項とは考えておらず、常にそれに囚われるべきではないと感じているんです。

ポイント: ポジティブな感情が溢れる状況は高く評価するが、それを最優先事項とは考えていない

外向倫理のまとめ

外向倫理(Fe)は、周囲の感情や雰囲気を読み取り、それに影響を与える機能です。

タイプによって、外向倫理への向き合い方は様々で、得意な人もいれば苦手な人もいます。

人間関係やコミュニケーションにおいて、外向倫理は大きな役割を果たしますが、時には内面の感情とのバランスも必要です。

外向倫理の特徴を理解することで、自分や他者の感情表現や行動をより深く理解できるようになるでしょう。

筆者の見解

外向倫理について学ぶことで、周囲の感情や雰囲気に敏感になることの大切さを再認識しました。

でも、場の空気を読むことばかりに集中するのではなく、自分の内面の感情も大切にすることが重要だと思います。

自分のタイプの特徴を理解し、強みを活かしつつ、弱点を補うバランス感覚が求められますね。

外向倫理の視点を取り入れることで、より円滑なコミュニケーションと、充実した人間関係を築けるようになるのではないでしょうか。

ソシオニクスを学びたい方へ

【無料】ソシオニクス診断診断

ソシオニクス診断

28問でわかるあなたの本当のソシオタイプ

【無料】ソシオスクール

木村なおき

2024年5月から、主催者:ヤマセミさんのソシオニクススクールでソシオニクスを学ばせてもらっています。また、個人でソシオニクスのテキストを作っています。無料で配布しているので、是非ともLINEオープンチャットにお越しください。

筆者紹介

木村なおき

ソシオニクス歴4年。本業エニアグラムでMBTI®に興味を持つが、権利的な事情で断念。2020年にソシオニクスに出会い独学で勉強。2021年にソシオニクス専門のブロガーさんからソシオニクスの理論を教わり、その後すぐにエニアグラム×ソシオニクスの二刀流でタイプ診断に臨む。

診断実績は200を超える(エニアグラムとセット)

2024年4月に16タイプ相性論の講座を開講したときに、「これ…ソシオニクスでやったほうがよくね!」と気づき、本格的にソシオニクスを取り入れる。

クアドラ診断、タイプ診断、タイプ関係論をセットにすると、日本でいちばんソシオニクスを診断をしてきたい人(他に誰かいたら教えてください)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

内向論理(Ti)とは

次の記事

内向倫理(Fi)とは