INFPノーマライザーとは?-16の性格/DCNHサブタイプ編

「誠実なサポーター」として知られるINFP-Nタイプは、他のINFPと比べてより慣習的で専門的な特性を持っています。これらの個性は、主流社会での機能が非常によく、一般的な人々の脳の配線に近い特徴を持っています。彼らは、職場でもプライベートでも、コミュニティ内で重要な役割を果たし、友人や恋人に対して非常に忠実であり、常に平和を保とうとする傾向があります。

INFPドミナントの特徴

INFP-Nは、多岐にわたるスキルを均等に持ち合わせ、直線的な思考スタイルを採用しています。彼らは、忍耐強く、言語に基づく推理を得意とし、特に聞くことと読むことに優れています。しかし、感覚機能の活用については平凡であることが挙げられます。

サブタイプの影響

このタイプのINFPは、深く思索する能力が際立っており、事実や記憶、物語などについて長時間考えることができます。彼らは、内向的な印象を与えることがあり、真の意味での実用的な援助を提供しようとします。

間違えやすいタイプ

しばしばより外向的なタイプと間違えられることがありますが、彼らの内省的な性質と、深い思索を重ねる傾向は純粋なINFPの特徴です。実務的な能力が高ければ高いほど、その中から創造力を発揮して、外向的なタイプに近い性質を持ちます。

強みと弱み

INFPノーマライザーは、彼らの高い組織能力と言語に基づく推理能力を通じて、どのような状況でも理解と秩序をもたらすことができます。彼らの深い思索の能力は、複雑な問題を解決し、周りの人々に深い洞察を提供することを可能にします。一方で、身体運動能力の平凡さや新しい環境への適応の難しさは、彼らが直面する挑戦ですが、これらは彼らの精神的、知的な能力によって補われます。彼らは、静かながらも強力な影響力を持つ存在であり、どんな環境でも価値ある貢献をすることができます。

働き方/適職

INFPノーマライザーは鋼のメンタルを持っています。そのため、辛抱強く打ち込める職業に最適です。理想的には、想像力と人間的なスキルを活かせる仕事が向いています。

人間関係と課題

家庭生活や伝統的な文化活動を楽しむ一方で、親しい人には深く忠実であり、多くのことに耐えることができる安定した支援者です。

まとめ

INFPノーマライズは、彼らの誠実さと忠実さで知られており、安定を求めると同時に、大きな利益のために自己犠牲をいとわない、非常に思いやりのある個性です。彼らは、一般大衆との共感を深め、安定した人間関係を築くことができます。

 

16の性格タイプの記事を最後まで読んでくださりありがとうございました。初学者から上級者、プロの心理職からデザイナーまで16の性格タイプを通して、自己理解を深めて、人生を切り開くためのコンテンツをご用意しております。何か気になるものがございましたら、是非ともご参加ください。

日本人のための16の性格タイプ講座

初心者おススメ!16の性格タイプ基礎講座 オンライン開催※聞くだけ参加OK

毎月第2月曜オンライン開催:16の性格タイプオンラインサロン

2024年4月27日(土) 19:00~21:00 東京都中央区浜町開催

DSNHサブタイプ

UCLA(カリフォルニア大学)で心理学と人文学を教えているDario Nardi博士によるサブタイプ理論です。16タイプの脳の活動社会的役割を踏まえて16×4の64分類をしております。

16の性格タイプの社会適性や役割について、それぞれを細分化して教えてくれます。