INTP編:MBTI®、16personalities、ソシオニクスで比較検証

16タイプ愛好家の中で屈指の人気を誇るINTPを、MBTI®、16Personalities、ソシオニクスに分けて解説してみました。

前提:各タイプ論の目的

各性格タイプによる違い

これら3つの理論の背景やアプローチが異なります。

  • MBTI:心理学に重点を置いている
  • 16personalities:実践的な特徴や戦略に焦点を当てる
  • ソシオニクス:情報の取り入れ方や他のタイプとの関係が存在する

それぞれの理論で強調される特徴や弱点も異なる場合があります。

では、ひとつづつ見ていきましょう。

①MBTIのINTP

主要な関心: 理論、論理、内省。
主要な特徴: 独立心が強く、創造的な思考を持ち、新しいアイディアや解決策を追求することを好む。
弱点: 感情の表現や他人の感情に対する理解が難しいことがある。

ロビンは大学の研究室で物理学者として働いている。彼の研究室には多くの学生や研究員がいますが、彼は特に一人のスペースで深く研究に没頭するのを好む。新しい理論やアイデアが浮かぶと、彼は数時間、時には数日間もそれを追求することに時間を費やすことがしばしばあります。

ある日、彼の研究室で行われる月例のミーティングがあり、研究員たちがそれぞれの進行中の研究について報告することになっていた。

ロビンは最近の発見について興奮しており、その理論のすべての側面や細部について熱心に説明し始めました。しかし、彼の説明は非常に抽象的で詳細すぎるため、多くの研究員は彼の話についていけなくなった。

ミーティングの後、同僚のナミはロビンにアドバイスをしてくれました。

ロビン、あなたの研究は非常に興味深いけれど、みんなに伝わるように、もう少しシンプルに説明することはできないか?

ロビンは彼女の意見を受け入れ、次回のミーティングではもう少し分かりやすい説明を心掛けることにしました。

彼は常に新しい知識を求めていますが、自身の情熱を他人と共有することはストレスに感じます。

これは、外向感情:Feが劣等機能に位置づけられることに起因しています。

 

②16personalitiesのINTP

主要な関心: 原理主義者であり、問題解決のための明確な論理的なアプローチを重視。
主要な特徴: 知的好奇心が旺盛で、理論的な議論を好む。
弱点: 社交的な場面やチームワークが苦手であることが多い。


リリーはデザイン会社でUI/UXデザイナーとして働いています。彼女はデザインに対する独自の視点を持ち、従来の方法に縛られない新しいアイデアを常に考えています。彼女は、ユーザーの行動や感じ方を理解するためのデータや研究に基づいてデザインの提案を行い、その背後にある論理的な根拠をしっかりと持っています。

ある日、彼女は新しいプロジェクトのミーティングに出席しました。そのプロジェクトは、過去の成功を基にした安全な方向性を求めるものでした。

しかし、リリーはそのアイディアを飛び越え、全く新しいコンセプトの提案を行いました。
彼女の提案は、革新的で挑戦的なもので、チームの中で賛否両論を巻き起こしました。

ミーティング後、彼女の上司はリリーを呼び出し、「君のアイディアは確かに面白いけど、少しリスクが高すぎるんじゃないか?」と指摘しました。リリーは落ち込むことなく、データや過去の事例を基に、自分のアイディアがなぜ実行可能で価値があるのかを詳細に説明しました。

しかし、彼女は社交的な場面では苦手意識を持っており、しばしばコミュニケーションの際には自己疑念や不安を感じることがありました。彼女は自分のアイディアや意見を人前で発表することに緊張することが多く、プレゼンテーションのスキルを磨くためのワークショップに参加することを考え始めました。

なお、16personalitiesは、5番目の要因(Assertive/Turbulent)の指標げあるため、この要因によりINTPのタイプも細分化されます。


以下は、INTP-AとINTP-Tの違いに関する概要です:

INTP-A (Assertive)

  • 行動と態度:自信を持っており、自分の能力や意見に対して比較的安定している。外部の評価や批判に対してそれほど影響されない。
  • 強み:挫折や失敗に直面しても、ポジティブな姿勢を維持する傾向がある。ストレスに強い。
  • 弱点:あまりにも自己中心的になることがある。自分の考えや意見が正しいと固く信じることがあるため、他者の視点やフィードバックを考慮しづらいことがある。

INTP-T (Turbulent)

  • 行動と態度:自分の能力や成果に関して自己評価を頻繁に行い、時々不安や自己疑念を感じる。外部の評価や批判に敏感。
  • 強み:自己改善や成長のための動機付けが高い。問題や課題を発見した際に、積極的に改善策を探求する傾向がある。
  • 弱点:過度の自己評価や完璧主義のために、不要なストレスや焦燥感を感じることがある。他者の意見や評価を気にし過ぎることがある。

このように、16Personalitiesの場合、INTP-AとINTP-Tは、自己認識や自己評価、外部からのフィードバックへの反応の仕方など、主に自己との関わり方にいくつかの違いがあると言えます。

③ソシオニクスのLII

主要な関心: 抽象的な思考、内省、論理的一貫性。
主要な特徴: 知的活動や学問的な環境において最も活動的である。
情報の取り入れ方: 主として内的な論理と直感を使用

 


トーマスは都市計画の専門家として働いています。彼は市の未来の発展についての予測モデルを作成しており、これには数学的な知識とともに緻密な論理が必要です。彼の仕事はデータに基づくものであり、感情や主観的な意見は一切関係ありません。

彼が提案するプランはしばしば極めて革新的であり、彼の考えは一貫性を持ち、始めから終わりまで論理的につながっています。

彼はチームの中でのディスカッションやブレインストーミングよりも、独自に深く考える時間を重視しています。

ある日、市長がトーマスに直接会い、都市の将来に関するビジョンを共有したかった。市長は非常に情熱的で、多くの感情的な要素を取り入れたビジョンを話しました。トーマスは、その情熱やビジョンを尊重しているものの、具体的な計画や取り組みがどのように実現されるかについての具体的なデータや論理を求めました。

市長との会話の後、トーマスはコミュニケーションにおけるギャップを感じ、感情や価値観に基づく意見を理解し受け入れることの重要性を再認識しました。彼は自分の論理的な考え方を維持しつつも、他者の視点や感情にも敏感になろうと決意しました。


 

ソシオニクスは、他のタイプとの関係と内側の変化に重点を置いています。

自分のタイプを再考する際には、これらの違いを理解し、どの理論やアプローチが自分の経験や理解に最も合致するかを考慮することが有効です。

一つのテストや理論だけに頼るのではなく、複数の視点から自分を評価することが、自己認識を深める手助けとなるでしょう。

INTP/LIIの共通点

得意、好み、不得意で分析

得意な事

  • 複雑な問題を解析し、解決策を見つける。
  • 抽象的な概念や理論の理解と構築
  • 独立して研究を行うこと

好む行動

  • 新しい情報や知識を追求する。
  • 論理的で緻密な議論やディスカッション
  • 深い思考や反省

不得意なこと

  • 感情的な対人関係やコンフリクト
  • 繰り返しのルーチンタスク
  • 他者の感情やニーズに対応すること

INTPと他のタイプとの違い:

INTJとの違い

INTJは、未来を予測し、長期的な計画を立てることに秀でています。彼らは視野を広げるのではなく、目的に向かって一直線に進む傾向があります。一方、INTPは新しい情報を探求し、広範な理論を形成することに興味を持っています。

ENTPとの違い

ENTPは新しいアイディアや可能性に興奮し、常に新しいプロジェクトや取り組みを始めることを楽しむ傾向があります。INTPはより内向的であり、深く考え、情報を分析することを好む傾向があります。

ENTJとの違い

ENTJはリーダーシップを取るのが得意で、計画を立て、組織やチームを動かして目標を達成することに集中します。INTPは自分のペースで動くことを好み、他者を誘導するよりも、独自の考えや理論を追求することに興味を持っています。

このように、INTPは他の類似したタイプとは異なる独特の特徴と関心を持っています。

エニアグラム×16タイプで行動体質になりませんか?

 

9つの性格タイプ一覧表

▼9つの性格タイプについてはコチラの記事ですべて説明しております。

改革する人

助ける人

達成する人

個性的な人

調べる人

忠実な人

熱中する人

挑戦する人

平和をもたらす人

診断テストはこちらから


エニアグラム診断テスト54問

エニアグラム診断テスト54問




エニアグラムxトライタイプ

エニアグラムトライタイプ

このサイトの運営者

木村真基

Kimura Naoki

ウェブデザイナー/エニアグラム講師

プロフィール

「ひよこ君とフクロウ君のエニアグラム( 9つの性格 )講座」の運営者。性格タイプ判定専門のエニアグラム×16タイプ講師。自身も講師として働きながら、お客様のセミナー集客特化型のホームページを作ることが得意。

本業:ウェブデザイナー(フリーランス)/副業:性格タイプ講師×デザイン講師

エニアグラム/16タイプ/ストレングスファインダーを武器に自分のタイプで生きている人。

・エニアグラム:3w4sp-sx-so&Tritype386
・16の性格:ENTP(討論者)&ILE(発明家)
・ストレングスファインダー:着想、戦略性、学習欲、達成欲、自我

ウェブデザインだけではなく性格もデザインします♪

Profile Picture