16タイプ ENFJ型(外向、直感、感情、計画)とは?

この記事では、そんなENFJの性格や傾向、適職からMBTIのモデルについて解説をしていきます。

まずは目次を参照ください

ENTJ型の性格/特徴

もしも、このような傾向があればENTJかも・・・

  • 人といるときがいちばんイキイキしている(よく話す)
  • 相手の気持ちや欲求を察知するのに長けている
  • 自分よりも相手の気持ちを優先する(ストレスをため込みがち)
  • 情に流されやすい(良くも悪くも)

ENFJは人に対する思いやりがあり、まるでその人になりきったかのように、人の気持ち、動機、心配事など内面を察することができます。誰とでも協力的な関係を築けて、裏表なく親切な人が多いです。

一見、周りに流されがちのように見えますが、実はしっかりとした軸があり、納得いかないことに関してはきっぱりと断ります。

カリスマ性と抜群のリーダーシップ

ENFJ型は、天性のリーダーであり、自然とチーム・グループによい影響を与えることに突出しています。全人口の約2%と言われていて、組織のリーダー・指導者的な立場につくことが多いです。また、ENFJ自身も、人々が目標を達成することに貢献をしていきます。

ひよこくん

では、ENFJくんに登場してもらいましょう!

ENFJ

ひよこ君!こんにちは。ENFJだよ!

ちょっと天然なところがありますが、非常に前向きです。態度には裏表がなく、いつも自信たっぷりです。その姿勢はみんなに希望と勇気を与えます。

まさに、リアル・竈門炭治郎と言えるでしょう。

自分の事より大切にしていることがある

ENFJ型は、人々と広く・深くかかわることが大好きです。人から愛されたい、人から必要とされたい、誰かの役に立ちたい、社会に貢献したい、という欲求を内側に秘めながらも、その気持ちをストレートに外界に表出します。

「裏表があるのでは?」「偽善者ぶっている?」と疑うかもしれませんが、いざ会ってみると、そんな雰囲気を微塵も感じさせないエネルギーがあります。強いて言うなら、みんながハッピーになれないと自分もハッピーになれない!という恐怖でしょう。だからこそ、ENFJはつらくても前に進むのです。

ひよこくん

実は強烈なキャラなんだね!?

ENFJ

そうかな?でも、希望のない人生なんてつまらないでしょ!

ENFJは、自分がその場にいることで、みんなが明るい未来に進んでいく未来を見たいのです。その為には、自己犠牲をいとわないこともあります。他のタイプならためらう事でも、大胆かつ果敢に前に進んでいきます。

持ち前のキャラだけで人生をいい方向にもっていっているENFJは多いことでしょう。

ENFJ型は、人間関係を最も大事にしています。別の見方をすると、人間関係が重荷になればなるほど、相手に対しても「何とかしてあげなければならない」といった責任を感じます。そんな面倒見の良さから、万人に好かれるのですが、それが自分の首を絞めてしまうことになります。

どんなに無理なお願いでも「何とかしてあげたい」と思ってしまい、自分のリソースを削ってしまいます。断るのが下手です。正直…。万国共通でNoと言わない日本人です。

ただ、その甲斐があってか、その秀でた社交性が際立ち、どこに行っても一目置かれて、よきリーダーになることも多いでしょう。

一方で、自分が期待されていることに対して、自分のキャパがついていかないと、ガラガラと崩れます。意外と、適正よりも本人の特性に影響を受けます。

理想の関係を求めがち

そんなENFJ型は、理想な対人関係を求めすぎる傾向があります。自分も相手の期待に応えるし、同じくらいの期待を相手に背負わせます。しかし、それが他のタイプからしたら重いのです。

ENFJの長所・短所

長所

  • 感情表現が豊か
  • 開放的、誰とでも打ち解ける
  • 人を引き込ませる話し方ができる
  • 穏やか、開放的

短所

  • 他人に感情移入しやすく、騙されやすい
  • 理想と現実のギャップに悩む
  • 意見対立や細かい判断を嫌がる
  • 説明責任を放棄する

ENTJの有名人・創作キャラクター

海外(芸能人、政治家、組織のリーダーなど)

キング牧師(アメリカの社会活動家)、オバマ元大統領

日本 (芸能人、政治家、組織のリーダーなど)

内村和義さん(ウッチャンナンチャン)

アニメ・漫画キャラ

竈門炭治郎(鬼滅の刃)、アンパンマン

有名人・創作キャラクターについてはネット記事と当方の主観によるものです。

ENFJの適職

ENFJは人の強さや魅力を引き出すお仕事に向いております。ひとりひとりから確実に信頼を得て、結果、大勢の人から必要とされる働き方にやりがいを感じるでしょう。

広告代理店、プランナー、フリーライター、デザイナー、キャリアカウンセラー、教師/先生業

MBTIの考察

心理機能:主機能、補助機能、第三機能、劣等機能

主機能:外向思考(Fe)

温かさやエネルギー、思いやり、人には援助を惜しまない雰囲気などで他者を安心、自然と魅了させることができる

補助機能:内向直観(Ni)

物事の意味や相手の感情の奥底にある欲求や動機などを見抜ける。本当に意味で、目の前の人にとっての幸せを感じ取れる性質がある。

第三機能:外向感覚(Se)

相手の悩みを和らいだり、気持ちを落ち着かせることはできるが、問題や課題に対して一緒に取り組むことは苦手

劣等機能:内向感情(Ti)

意外にも第三者の立場になりきることは苦手。結果、問題に対しては感情論だけで終始していまい、決着がつかないままで終わる

補助機能が発達していないと

  • 無駄に励ますだけで、相手が何を求めているのかを理解できない
  • 相手の言葉をそのまま受け止めるだけで何もできない人に
  • 物事が平和的に解決されないと、問題をなかったかのように扱う

など、理想主義に走ってしまい、現実との折り合いがつかなくなります。自身の中で描いている理想や平和やを求めすぎて、目の前の問題に対して無頓着になります。

補足:当記事の内容について

当記事で取り扱っている16タイプは、一般社団法人日本MBTI協会(Japan MBTI Association)の認定に基づいた者ではございません。

一部、MBTIの書籍を参考にしておりますが、日本MBTI協会が指摘する「MBTIもどき」「似て非となる者」になります。16の性格タイプに関連する書籍・インターネット記事を参考に独自の調査を行い、個人様が楽しんでもらうために、まとめております。

16タイプ一覧はこちらから

理想主義者ブロック