エニアグラムとMBTIの違いと使い分け-3点 ※随時更新

ひよ子くん
ねぇ、フクロウくん。エニアグラムとMBTIは何が違うの?
フクロウくん
ん、根源的恐れ・欲求と心理機能じゃないか?

2020年からMBTIや16の性格タイプにも手を出したのですが、同じ「性格」という言葉を使っているけれど、その言葉の中身は全然違うな−と気づきました。

てか、全く違う文脈で説明をしていましたね。にも関わらず、ネットの記事を参照すると、MBTIとエニアグラムを強引に関連付ける記事が多いこと。

この記事では、エニアグラムとMBTIの違いと使い分けについて解説しています。

この記事の対象者

この記事の対象者:エニアグラムとMBTIの基本体型を理解している

ツイッターとかで、プロフィールに自分のエニアグラムタイプとMBTIのタイプを書いている人なら、それなりに楽しめる内容になっています。

エニアグラムとMBTIの違い3点

違い1:エニアグラム=エモーション、MBTI=ファンクション

  • エモーション:静的な感情
  • ファンクション:動的な機能

エニアグラムは、各性格タイプの「根源的恐れ」、「根源的欲求」、「無意識のルール」を表して、それを9つに分類しているだけなのです。

ひよ子くん
そっかー。エニアグラムって結局、この3つくらいなんだよね。
フクロウくん
そうじゃ。そこからあーだ、こーだと著者の私見で話を膨らませているのじゃ。

例えば、タイプ1であれば、「間違うこと」を極端に恐れています。そして、常に正しくありたいと考えています。同時に、「間違ったこと」に直面すると、内面から激しい「怒り」が湧き上がります。

その怒りの感覚を鎮めるために、誤った現実を本来のあるべき姿に回復させようと試みて改革活動に身を投じます。

このようにエニアグラムの世界では、各タイプが

  • 根本的に何を恐れて、
  • その結果、何を求めて
  • どのような考えを形成したか

が説明されています。

外向的/内向的、直観/五感、思考/感情、決断/柔軟の決まりごとは実は存在しません。仮に、そのような傾向があっても、それ自体はただの傾向であり、例外

一方で、本人が、どうやってその課題を認識して、その認識した課題を処理をして、判断をしていくか?について、エニアグラムは詳しくは教えてくれません。そこはエニアグラムが苦手とするところだからです

ひよ子くん
え?そうなの?
フクロウくん
そうじゃ。だから、エニアグラムの講師たちはありきたりな助言しかできん

エニアグラムの良いところはハッキリしていないところであり、様々な解釈な余地があることです。逆に、エニアグラムの悪いところは、ハッキリしていないところです。

ひよ子くん
え?いいの?悪いの?どっちだよ−
フクロウくん
さぁな。ただ、ハッキリと言える。エニアグラムの質は講師の実力次第ってことじゃ!!!
ひよ子くん
なるほどー!だから、フクロウくんはエニアグラムの講師になれなかったんだね−
フクロウくん
ぐぬ!コノヤロー

だから、エニアグラム学者は、「根本的なところはつながっているけれど、その傾向やスタイルは人それぞれだから・・・」という結論に陥りがち。

エニアグラムの講師が抽象的な解説やありきたりな助言しかできないのは、彼ら彼女らに能力がないのではなく、エニアグラムそのものが抽象的な説明しかできないように作られているからです。(生得本能やトライタイプを取り入れると、この問題は80%ぐらいは解消しますが・・・)

対して、MBTIでは、私達の性格を「心理機能」と定義しています。ここでいう心理機能とは、

  • 【方向】外向か内向か?
    →意識が外に向いているか、自身の内面に向いているか?
  • 【認知】五感か直感か?
    →情報を取り入れるときのアンテナ
    目の前の事実や実際の出来事/ひらめきや概念的なこと
  • 【判断】思考か情緒か?
    →結論の導き方:理屈や合理性を重視するか、好き嫌いで判断をするか?
  • 【態度】決断か柔軟か?
    →好む態度:外界に対して判断的、柔軟的

とこのようにハッキリと心理機能を2つに分けてくれます。

ひよ子くん
なるほど!MBTIってなんかプログラミングみたいだね。
フクロウくん
じゃな。MBTIのIは指標じゃからな。

極論をいうなら、あなたが、これからAIやロボットを開発しようとしたら、MBTIの性格機能を用いたほうがアルゴリズムを組みやすいです。

(エニアグラムでロボットを作ると、エラーが連発すると思う。)

一方で、漫画のキャラクターを説明するときは、MBTIよりもエニアグラムのほうが適しています。

例えば、MBTIで孫悟空とルフィの性格を説明すると大変かと思います。対して、エニアグラムは7w8と7w6の違いでできます。

ひよ子くん
ん?9つの性格だけだとエニアグラムでも難しいってことだよね?
フクロウくん
ああ、そうなんじゃ。ウィングは覚えておくべきじゃよ。

まとめると、私達の性格を心理機能の集合体と定義をして、サクサクと処理をするのに適しているのはMBTIだと言えます。対して、その処理をした中身を本人の感情(恐れや欲求)の文脈を用いて、リアルに説明するのはエニアグラムですかね。

違い2:エニアグラム=ゴール、MBTI=ツール

  • エニアグラム→ゴール:各タイプの目的
  • MBTI→ツール:その目的を達成するためのプロセス

例えば、あなたは、今の仕事が自分に合わず転職をしたいと考えています。エニアグラムが教えてくれることは、

  • 転職をすることで満たされる感情
  • 転職をしないことで満たされない感情

ぐらいです。

違い1でもお伝えしたように、エニアグラムはエモーションです。

私たちの悶々とした内面の世界を言葉で表現をしてくれる点では、MBTIよりも長けていると言えます。

一方で、エニアグラムは、そのゴールに行き着くためのツール(スタイル、プロセス、行動スタイル)について説明することはできません。

その点、MBTIは非常にシンプルです。

  •  I :内向→まずはじっくりと考えて、信頼できる人だけに相談しよう
  • N:直感→思いつきからでいいよ。情報集めはその後でOK
  • F :情緒→迷ったら好きか嫌いかで判断しよう!
  • P :まずは行動してからどうするか決めれば良くない

とはっきりとしたアドバイスができます。

ひよ子くん
これがエニアグラムだとめんどくさいってわけだ。
フクロウくん
じゃな。各タイプが全て、8つの機能を持っている前提で論じているからのー

逆にエニアグラムで、このようなアドバイスをするのはすごく難しいです。

ウィング、生得本能、トライタイプなどを組み合わせるとなんとかなりますが、9つの性格だけで全部を行おうとすると、ものすごく抽象論になってしまいます。

違い3:エニアグラム=コーチング向き、MBTI=コンサルティング向き

  • エニアグラム=Beingに対する問いかけ
  • MBTI=どっちを選ぶ?の決断

エニアグラムでは、「どうありたいの?」というその人のBeingに対する問いかけなら強いかもしれませんが、「今何をするべきなのか?」「どっちの道を選べばよいのか?」といったDoingの問いかけ難しいです。

(ウィングという裏技はありますが・・・)

なので、エニアグラムはコーチングやカウンセリングのように相手の内面に問いかけて相手から答えを引き出すことには長けていますが、コンサルティングやアドバイスなど具体的に選択肢を作り、何らかの決断をするために働きかけることには適していません。

まとめ

表面だけ見ると、エニアグラムとMBTIは似ている部分や共通する部分こそありますが、それはやっぱり表面だけなのです。また、両者とも学問や体系としては驚くほど完成されていて、そしてかなり深い学問です。

だからこそ、この記事を通して、ネットなどでは論じられていない両者の深いところを理解していくと、色々と違いは見えてきます。

是非とも一緒に学びましょう。

性格心理学界隈の発展を目指して。

スポンサーリンク
エニアグラム基礎講座

エニアグラムとは?基礎から応用まで

エニアグラムを徹底解説した目次ページです

エニアグラムのまとめ記事一覧

エニアグラム9つの性格タイプ一覧表

▼9つの性格タイプについてはコチラの記事ですべて説明しております。

改革する人 助ける人 達成する人
個性的な人 調べる人 忠実な人
熱中する人 挑戦する人 平和をもたらす人
エニアグラムサブタイプ診断ー2つ

エニアグラムトライタイプ

【2020年企画】エニアグラムと適職診断

【2020年企画】お仕事で悩んでいる方へ
エニアグラムと適職診断

エニアグラムxトライタイプを活用した転職&働き方開発プロジェクトスタート予定。
是非ともご協力ください。



エニアグラムを広めていくためにご協力ください。

フォローする