エニアグラム-タイプ6:安全を求めて行動する者とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

エニアグラムの性格診断(簡易版)、お疲れさまでした。

自分のタイプについてより深く理解できるとエニアグラムは凄く楽しくなってきます。

ここではタイプ6「忠実な人(リソ式)/安全を求めて行動する者」について様々な観点から解説をしていきます。

こんな流れでタイプ6についてみていきます。

1.タイプ6の質問

  • □新しいことを行うよりは、周りから求められていることを忠実にこなす方が得意である。ダイナミックさよりもコツコツ型だと思う
  • □極論に走るのではなく、何事も「バランス」や「適切」に調整することが大事である。私自身、このバランス感覚は優れているほうだと思う
  • □尊敬する人や頼っている人はたくさんいる。大きな決断を下すときに、「彼らならどのように考えるだろうか?」と想像する癖がある
  • □大胆なこともするときはあるが、その時は必ず足元を固める。計画やリスク管理を怠らない。冒険は事前準備が8割だと考える
  • □順応なタイプだと思うが、納得いかなければ意見は述べし、戦う。もちろん、徹底的に論理武装をしてから、挑む。

2.時間、人間関係、恋愛、仕事、お金で見る

時間の使い方

周りから求めれていることや特定の目的を達成するために、細かい計画を立てながら時間を使う。時間通りに物事が進まないことを理解しており、優先順位や進捗を細かく設定する。時間と共存する。

人間関係

9つのタイプの中で、最も相手と適切な距離を測る。良好な人間関係を築くことを好む。「あえて無理をしない!」「120%楽しまない」などいつも自分に対してセーブをかけている。(但し、その技術がないと苦労が絶えない)

恋愛

やっぱり相手と適切な距離ととるのが得意。自己主張や意見対立を避けて、適度な関係を維持することを好む。感情の変化や刺激はあまり好まず、良好な関係を維持するために色々と策を練ること頃もある。

仕事・働き方

周囲の期待に応えることが第一だと考える。自分の能力や役割を意識して、その範囲で組織やクライアントに貢献をする。無理な仕事は「無理です」と断る。ギャンブラー的な仕事の仕方を最も嫌悪する。

お金の使い方 お金の使い方も「バランス」を心がける。なお、この「バランス」は、タイプ6の知識や判断力に依拠する部分が多い。

※「バランスよく」を心がけても、お金に対しての知識や判断力ないため、破産するタイプ6も多い。

3.ストレス時と安定・統合時

ストレス時:タイプ3に移行する

タイプ6ストレス時のタイプ6タイプ6のエネルギーを支えているのは、安全である現状です。その現状が崩されそうになると、タイプ6は焦り、内面に強いストレスを抱えるようになります。周囲とバランスをとることを第一と考えているタイプ6は、そのバランスをが崩れそうになると、焦るように維持しようと必死に働きかけます。

  • 仕事中毒になり、身体を壊すまで仕事に打ち込む
  • 自分をよく見せようと周囲に対して過度に自分の存在をアピールする
  • 意見や考えが異なる者に対して批判的になる

 

安定・統合時:タイプ9へ移行する

不安から解放されて、結果として心身ともにバランスが取れたような雰囲気になります。タイプ9が持っているような「このままでOK」と心から思えるような自信と余裕が生まれます。

  • 不安や恐怖心から解放されて余裕がある雰囲気になる
  • 落ち着いていて、自然体になる。駆け引きをしなくなる
  • 深く物事を考えずに気持ちや感情の整理がつけられるようになる

タイプ6は、不安から逃げるように「安全な状態を維持しよう」というエネルギーを強く働かせています。ところが、タイプ9の状態に近づくことで、タイプ6が本来持っている不安すらないほど安定している状態になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*