エニアグラム-タイプ5:知識を求めて探求する者とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

エニアグラムの性格診断(簡易版)、お疲れさまでした。

自分のタイプについてより深く理解できるとエニアグラムは凄く楽しくなってきます。

ここではタイプ5「調べる人(リソ式)/知識を求めて探求する者」について様々な観点から解説をしていきます。

こんな流れでタイプ5についてみていきます。

1.タイプ5の特徴

  • □「思考派/行動派」と言われたら、おそらく思考派だと思うが、本音は考えながら行動するタイプだと思う
  • □色々な人が集まるパーティーよりも、特定の分野の勉強会や交流会の方に興味がある。難易度が高いほど燃える
  • □パーティーや交流会などでみんなが楽しんでいるときに、一歩引いてその様子を観察している自分がいる。
  • □組織と関わるときは、コンサルタントや相談役など外部の専門家として関わりたい。人間関係のしがらみは避けたい
  • □損得勘定を超越して何かに打ち込むことが多い。他の人とは違う次元やルールで物事を考えて判断している
ひよ子くん
タイプ5は、考えたり調べたりすることが好き!ってことだよね。
フクロウくん
そのまんまやん。正確にいうと、どんな状態でも頭だけは働かせておきたい!という欲求が高いのじゃ。

 

2.時間、人間関係、恋愛、仕事、お金で見る

時間

時間・空間そのものを観察の対象としている。例えば、締切や納期直前で回りが忙しく働いているときも、一歩引いて、「あと3時間しかない」と達観している。一方で、興味の対象が多く、時間がいくらあっても足りない

ひよ子くん
何だかんだで忙しい人ってことだよね。
フクロウくん
9つのタイプの中でいちばん内向的じゃが、知的好奇心の高さもいちばんじゃからな。

「忙しい」というより、タイプ5は世の中のすべての心理について知りたい、という欲求を持っています。やっぱり忙しいですね。一生終らない研究をしているようなものですからね。

ですが、タイプ5にとって研究や知識探求は、終わらせるものではなく、生涯を通して続けるものなのかもしれません。彼らにとって、日常の全ては研究の対象なのです。

それは人間関係でもですね。

人間関係

人間関係は観察の対象であり、思考世界であると割り切っている。他者から感情を動かされることが少ない。誰かが怒っていても、その理由を探っている。一方で、自分が得意なことに関しては高いリーダーシップを発揮する

ひよ子くん
喜怒哀楽が少ないってこと?
フクロウくん
喜怒哀楽すらも興味の対象じゃよ。徹底的にメタ認知しておる

メタ認知とは、一歩高い視点から自分自身を俯瞰してみることですね。タイプ5は、自分が客観的であることを好むため、周囲の感情に振り回されることを好みません。

「この人はどういう性格なんだろう?」「この人はどうやったら喜ぶんだろう?」といつも考えています。一方で、そうやって内側で考えれば考えるほど、自分が相手にどういう影響を与えているのだろう?ということに無頓着になります。

ドラマに登場する人物なら、相棒の右京さんですね。

商品の詳細

amazon.co.jp

ひよ子くん
ああ、右京さん、マイペースだもんね。フクロウくん並みに・・・
フクロウくん
ほっとけい!

でも、そんなタイプ5ですが、意外とモテちゃったりするんです。

恋愛

恋愛中も、自分の感情がどのように動いているかを俯瞰する癖がある。恋愛を通じて、「果たして自分はどんな感情になるか?」といった発見や気付きを求めている。

そんな感情欲しさに、恋愛に積極的になるタイプ5も多い。

ひよ子くん
で、なんでタイプ5がモテるの?
フクロウくん
裏表や下心がなく、9つのタイプの中で凄く純粋じゃからじゃよ。

タイプ5は、第一印象こそどういう人かつかみずらいですが、一度親しくなると一緒にいて楽な人が多いです。また、物知りで好奇心も強い人が多いため、よく話を聞いてくれる人も多いです。他の人が気付かない些細なことにも目を向けたりします。

ですが、あくまでタイプ5の関心ごとは、相手よりもそんな相手といるときの自分自身の内面です。この部分を受け入れられれば、タイプ5は非常に付き合いやすいパートナーになります。

ひよ子くん
言いたいことは解ったけれど、なんでこのタイプがモテるの?
フクロウくん
・・・さぁ・・・(ワシはモテんかったぞい)

ちなみに、タイプ5の相手をゲットする方法ですが、タイプ5が好きなことを一緒にするのがいちばんですね。それだけで、同じ仲間だとみなされて、めちゃくちゃ優しくしてくれます。

ひよ子くん
なるほど!だから、フクロウくんは僕にエニアグラムを教えてくれているんだね。
フクロウくん
いや、、、ひよ子くんのことを放っておけなかっただけじゃ

仕事・働き方

知識や専門性が身につく仕事を好む傾向にある。チームで働くよりも孤独で働くことを好む。技術者や研究者に多い。チームの一員よりも、完全に独立した存在であることを好む。仕事を通じての感情交流は好まない

ひよ子くん
やっぱりオタク?
フクロウくん
オタクの何が悪い?ビルゲイツはこういったぞい!

オタクには優しくしなさい。彼らの下で働く可能性は高い。

オタク・・・というより、好きなことには夢中になるのがタイプ5の魅力です。お金や名誉よりも、仕事そのものに没頭できる才能をタイプ5は持ち合わせています。

タイプ3は、賞賛を求めます。タイプ7は、楽しさを仕事に求めます。タイプ4は、自分らしさを仕事に求めます。仕事の目的は、各タイプ違いますが、タイプ5は仕事そのものに情熱を可能性が非常に高いです。

但し、心の底から好きな仕事に限る!です。そして、本当に好きなことをしているときにタイプ5は物凄くウキウキしています。中には、ひとつのことに自分の情熱と人生を全てささげるタイプ5もいるくらいです。

スティーブジョブズもその一人ですよね?

お金の使い方

自身の空虚感を解消するためにお金を使う。タイプ5にとって、「知らない」は辛いこと。知識を得るためにお金は惜しまない。(例)「フォアグラが美味しいかはどうでもいい。どんなものか知りたい。だから食べに行く」

意外かもしれませんが、タイプ5はよくお金を使います。

 

3.ストレス時と安定・統合時

ストレス時のタイプ5本来、タイプ5は自身の思考空間に絶大な自信を持っています。ところが、自身の思考力や洞察力に自信を持てないとき、無気力感やニヒリズムなどに悩まされます。

ひよ子くん
ねぇねぇ、ニヒリズムって何?
フクロウくん
自分のことがいちばん大事なのに、そんな自分に価値を感じられない、という自己矛盾的な虚しさ

タイプ5は、自分が空っぽで無価値な存在であるという認識をしています。と、同時に、そんな空っぽで無価値だと思っている自分を埋め合わせるために、様々なことに手を出します。それが知識や知恵だったりするわけですが、そこに価値を感じられなくなったとき、タイプ5は豹変します。

  • 欲しい、知りたい、という欲求が抑えられず反社会的なモノに手を出す
  • 注意が散漫になり集中力がなくなる。あらゆることに反応してしまう
  • 自分の思考空間を満たしてくれる人に依存して思考停止状態になる

タイプ7のように意識が散漫して、色々なモノに手を出します。他の人から見るとジッとしているようでも、内面では凄く焦っています。まるでお腹が空いた子供が目の前にあるものをなんでも食べるように。

ひよ子くん
タイプ2がひとりだと寂しくなっちゃようなもん?
フクロウくん
そのたとえが解りやすい!

安定・統合時のタイプ5

心身ともに安定しているタイプ5は、外の世界に対して自分の知識や技術を生かそうとして、タイプ8のように挑戦するキャラになります。

例えば、研究に長い年月を注いでいた研究者が本を出版する、開発一筋だった技術者が講座の先生をするなど、自分の知見をもっと世に投下したいという欲求が生まれます

  • 内向的な性格が一転して外向的になる。リーダーシップをとることも多々ある
  • 本や情報の世界で自己完結せず、他人との意見交換を楽しめるようになる
  • 議論の場で積極的に意見を述べるようになる。知識を生かそうとする

タイプ4同様に、内側の世界に籠るのを辞めて、積極的に外側の世界と関わろうとします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【2/27開催】東京エニアグラムワークショップ

「エニアグラム」を通じて、自己理解やセルフコーチングのスキルを高めてみませんか?

エニアグラムカードやエニアグラムセルフコーチング診断シートを使って、楽しくゲーム感覚でエニアグラムを学べるワークショップを作りました。


東京エニアグラムワークショップに参加をする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*